be honesty for my 5senses💜

ワタシの5感に誠実に

承認欲求と自己顕示欲

みなさんは

・マウンティング→比べて相手を見下す

・フレネミー→友人の顔をした敵

・カバードアグレッション→隠れた攻撃性

 

上記の言葉を知っていますか?

特定の人と会って話していると、

なーんだかもやっとする。

「ん??」と思いながら、聞き流しその場を

やり過ごすけれど、別れた後やっぱりイヤ〜なしこりが奥底にこびりついている。

 

そういう現状が起こるときは、上記の事をされている傾向があるのではないかと。

 

されるジャンルは多岐に渡ります。

仕事のキャリアや知り合いの知名度

友人の数、住んでいる場所や家賃の金額、

持ち物や旅行先に至るまで。

 

ちょっと変化球だと、やたら真似をされる

ってこともありますね。持ち物はもちろん、自分が挙げたSNSの後に似たような写真や画角、で同じ投稿がされているとか。

ポイントはいつも自分が投稿した後なこと。

数日以内でアップされることが多いですね。

 

私自身、過去30年くらいに色々と上記の人達とのやりとりをしてきたんです。

20代から40代にかけて、特にタチが強かった

人が5人くらいでしょうか。

でも、ここ2年前くらいまでは

自分の奥底でひっかかる疑問をやり過ごして

来ました。毎日会うわけでもないし。私の気のせいかもしれないしって。

でも気づいたんです。

 

上記の事を仕掛けてくる人たちには共通点がありました。

 

・他人軸で生きていて、自分の魂と心から向き合っていない(その作業面倒くさいから)

・依頼心が強い→誰かに幸せにしてもらおうと思っている(だからか女性が多い気がする?)

・自分の闇と向き合わないため、事あるごとに

誰かや環境のせいにしている

・他人から搾取することで、一時的に高揚感が生まれるが、常に欲求不満。そして永遠に欲しがり。与えることは考えていない。

・他人軸で生きいるがそもそも根が打算的なので、自分にとって利益があるか得なのか、すぐ計算をしてしまう(もちろんそれと気づかれないような、歯が浮くような言葉を浴びせながら近づく)

・自身がピンチな時に救ってもらったことがああっても、けろっと忘れてしまう。

・性にとてもルーズ(エマの統計上ですが、10割そうでした)

 

挙げるとキリがないのですが、主に挙げた項目がほぼ該当していたんですね。

で、これらを抱える人達に共通していて、

より端的にまとめると

・承認欲求と自己啓示欲が強い、ダブル欲求不満

ということでした。

 

さらに、自己肯定感の低さがプラスされると

やっかいなメンヘラ、エネルギーバンパイヤ

つまり「毒女」へと突き進んでしまうのではないかと…。

 

上記の傾向が強い(かつて友人だった)数人は

一見話のネタが面白かったり、人当たりが柔らかいため、すぐに距離が近づいてゆきます。

周りからも「あの人ウケる!面白いよねー!」

などと言われ第一印象は抜群。

 

広範囲で知り合いが多いのもよく見られる傾向です。

 

ですが、より深く知り合ってゆくと…

要所要所でズル賢さが見えたり

さりげなく共通する知り合いの話題を取り上げ

その人を馬鹿にしたり、蔑むような話題を仕掛けてくるのです。

 

そして、その話に同情するフリでもすれば、

すかさず話を聞かされていた私自身が悪口の首謀者にすり替えられてしまい、悪人として周りに面白おかしく言いふらされてゆく…という負のスパイラルに。

 

「あ!そんな人、私の周りにいる!」

という読者の人がいたら是非早々に、

かつ相手に気づかれないように徐々〜に

距離を置いてゆく事を強くお勧めします。

 

限られた自分の時間をそんな人のために奪われないで!と私は実体験からお伝えしたいのです。

 

そういう人は、自ら選択して永遠満足することのない、欲求不満な生き方をしている訳で。

そうすることでしか自身が満たされないから、他人は犠牲になっても仕方ないと都合よく気持ちを変換してしまう、思いやりや愛が注げない枯渇した人なのです。

 

私が救ってあげないと…なんて、慈愛や

正義感を出さなくてもいいんです。

自分からそのおかしさに気づかないと、

変われないのです。言葉は厳しいけれど、その人にとってあなたは、ただの愚痴や不満、マウントをして欲を満たす「掃きだめ口」としか見られていない可能性が高いのです。

つまりはただ、利用されているのです。

コマの1つに過ぎないということです。

言葉に表現すると、とても悲しいけれど。

 

あなたが不遇な付き合いを止める決断をして

行動することで、新しく真の友ができるでしょう。そこには惰性や寂しさを埋めるためではなく、互いにイーブンで尊重し合い、思いやれる世界が広がっているのです。

 

 

私自身が経験者だからこそ、伝えたいことでした。長くなりましたが、最後に質問を。

 

「その友達、あなたにとって

本当の友ですか?」

 

f:id:emanuel-5senses:20201117215341j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お久しぶりに

もう2年近くご無沙汰だったのか。

その間にも世の中の雰囲気がどんどん

変わっていて、生き方や価値観の置き方が

二極化していることを感じます。

 

私もこの間に、より人付き合いや

仕事の向き合い方に変化が起きていて。

とーっても長い孤独のトンネルから少しだけ

光が漏れてきたかなー?という感じ。

 

自分のことは自分で守るしかないけれど

だからといって、他人を差し置いてまでも

自分勝手、欲望のままに生きたくはない。

 

なぜ自分がこの世に生を宿したのかを考えると

私の場合は、自分の軸を持ちつつ

誰かの心や身体の支えや癒し、解放や

受容に携わることがしたいのだろうと。

 

だからこそ起きた

中学時代の壮絶な異性からの

イジメだったのかな。

 

そこから得たこともある。

人としての優しい心を持つ人を

見極める目であったり、口先だけの綺麗事は

直感的に分かる事であったり。それらは

文章や、音楽、顔つき、写真から

大体分かってしまう。あの辛さから

自分なりに一生懸命に解決方法を模索して

自分のことも反省し、恐れずに

トライ&エラーを繰り返したからこそ

体得できたのだろう。

 

その経験からか、中学時代から40代の今まで

あらゆる人の相談や打ち明け話を聞いてきた。

「何故エマさんにはこんなに話をして

しまうのだろう」

「どうしても、聞いて欲しくて」

「肉親にも話せないことで」

「墓場まで持って行って欲しい」

などさまざま。

まだ携帯が無かった高校時代、

実家の電話が友人から立て続けに鳴るので

親から電話線を抜かれたこともあった。

こちらから掛けてはいないので、電話代は

掛かってないはずなのだけど。

今思えば、売れっ子電話占い師のようなものだ。3人からの電話で6時間とかね。

 

イジメによって、私は人の痛みに

少なからず寄り添ってあげたい、と思うことができた。それはギフトと思うことにしよう。

 

長くなったからまた今度。

(読者はだれも、いないはずですが)

 

 

 

 

 

 

 

なんでブログをするんだろう?

突然ですが、表題の件。

それはですね……。ぶっちゃけ現段階では自分自身も「はてな?」なのです。

なんですけれども、ここ2年くらいでしょうか。色々な方から

『自分発信をしろ~!!』と言われることが増えたのです。

 

何を?発信?はて(な)?と思ったのですが、

私の経験したアラフォーのウン十年は

少しだけ独特なのかも?ということがあり。。

 

私は、周りの人より少しだけ「勘」というものが働くようなのです。

編集者という職業柄、情報が早く回ってくるから当たり前だろう!

と思われて当然なのですが、はるか昔の10代から何かを嗅ぎ付けることが得意だったのです。その現象として挙げるならば、恋愛は

もちろん、ファッション、音楽、食べ物、

注目タレント、土地などあらゆるジャンルに

渡るのですが、これらはどうやら

巷にブームとして降りてくる時期よりも

2~3ターム早く察知するようなのです。

 

だからか、今までのアラフォー人生でも

●●が流行っているから~という理由で

何かを購入したり、訪れたりすることは

殆どなく、自分で「コレ!」ってものを

手繰り寄せていると勝手に夢中になって

いると後々ブームに繫がっていたり、

結果的にそれって先行投資なんじゃない?

という現象が起きているんです。

 

……なのですが。

 

この勘ってヤツが厄介でもありまして。

 

ヤツがいいベクトルに働いている場合は

起こる現象もハッピーで楽しいのですが、

そうはいきません。 

 

ネガティブモードに向かってしまうと

中々抜け出せず。苦しいし、辛いのです。

 

例えば人間関係でも「あ、今私のことムカついたな」とか「ハブられるな~」という

他人の感情をソワ~っと、でも直感的に

キャッチしてしまう場合なんかは

ワザと気づかないフリをしたり、

聞こえない、知らないポーズをとらなければ

ならなかったりもするんですよね。

 

これって人間しか出来ない行動というか。

とーっても違和感があるし、実際心の奥の

ところで強い負荷がかけられていると

私は思っているんですけれども。

 

心と行動が矛盾する=自分自身に嘘をつく=自分を生きていない!

ことになってしまい、精神的にズドーン!と奈落の底へ突き落されたりもしちゃう訳なんです。

 

この「勘」がどう作用するかで

プラスにもマイナスにも振れ幅が広くなってしまう所があるんです。

 

私自身、人生の中で翻弄されながらも

少しずつ経験を積み、不器用にぶつかり

乗り越えて色々なパターンを知ることで、

人間関係はだーいぶラクになりましたが、

1つの山を越える度に違った課題が

突きつけられていくのも事実。

 

ですが全てには意味があると思うし

辛い経験も後悔ではないんです。

だから、私は自分の経験をさらけ出すことで

2回りくらい若い人たちに「大丈夫だよ!」と励ましをしたいのかもしれません。

 

経験したからこそ伝えられる

血と肉のついたキレイ事だけではない

励ましを、これからこのブログで

アップしていこうと思います!

f:id:emanuel-5senses:20180530041603j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めましてのダイアリー

初めまして!

emanuel 改めまして、エマと申します。

人生で初のブログ開設ということもあり、

若干の怯えもあるけれど

スタートしようと思います。

 

まずは自己紹介から……。

現在、私の本業はフリーランスの エディター(編集者)&ライターです。

主に女性誌といわれるファッション誌や

ライフスタイル誌、ブランドの

カタログ制作などに携わっています。

フリーになる前には、いくつかの

編集部にも在籍していて

今年で職歴は20年ほど。

中堅、ってところでしょうか。

 

編集者になる以前には 某金融機関で

OL経験も。

 

お固めの金融OLから、全く違うベクトルの 出版業界へ舵を切ったので

今まで様々なタイプの多くの人々と出会い、

仕事をして来ました。

 

20年以上お仕事をしてきた中で、 刺激的だったこと、感動したこと

涙涙の日々だったこと、色々とあったけれど。

これらは「宝」になっているし

そして、これからもたくさん経験を

 積んでいきたい! 

更には記憶が曖昧になる前に、

そろそろカタチに残して行こう!

と思い立ち、今、このテキストを

打ち込んでいる次第です。。

 

ちょっとした業界の裏バナシとかも 盛り込んで行く、かも!?!?

あとは、仕事とは違うエピソードも。。

これからどんなブログになるか

皆目見当つきませんが

ブログタイトルにもある 5senses=「自分の5感に誠実に」が

私のライフキーワード(座右の銘的)なので、 この身に任せ信じて日々感じることを

書き連ねていくことで 軸となる何か、

が見えてくると思います。

 

まずはご挨拶と決意表明(?)まで!

 

f:id:emanuel-5senses:20180525093132j:image